初めての方へ

キャプス誕生のきっかけ

キャプス介護事業サポートの誕生は、介護保険制度が施行された2000年。
元看護師でケアマネジャーの資格を有しながら印刷会社を経営する弊社社長のもとへかかってきた一本の電話でした。

電話の主は弊社社長の友人であるケアマネジャーさん。
「国から出ている単位表は数も多くて、目当てのものが探しづらく、使いにくい。利用金額などを手早く計算できる単位表が欲しい」という切実な願いでした。

印刷と看護師の知識の組合せで問題解決

印刷と看護師の知識の組合せで問題解決

そんな使いづらさを解決するため、まずは複雑で数の多い単位表をコンパクトで持ち運びに便利な冊子にまとめた「介護サービスコード表」を開発し販売。
次いで障害者自立支援居宅版(現:障害者総合支援)コード表も完成し、その使いやすさから口コミでどんどん広がった「サービスコード表」がキャプスの名を全国に広めることになったのです。

お客さまの「こんな商品があったら」を形にして

印刷と看護師の知識の組合せで問題解決

また、介護保険制度の施行は介護分野での印刷物需要を生み出しました。 2003年、弊社は全国で初めて複写式のサービス実施記録用紙を開発し発売。「マザー・テレサ」の名前に由来する、今ではお馴染みの訪問介護向けサービス実施記録用紙「テレッサ」の商品シリーズが誕生しました。

この他にも、サービスコード表と手帳が一緒になった「ケア手帳」、ヘルパーさんが常に持ち運びできるコンパクトな「ヘルパー手帳」など、弊社が市場に送り出した商品は多くのお客さまから好評をいただいております。

お客さまの「こんな商品があったら」を形にして
取り巻く現状とこれから

その一方で、多くの同業の印刷会社が同じような記録用紙や印刷物の販売を始め価格競争が激化しています。また介護保険制度はとても複雑な内容であり、加速度的な社会の高齢化に対応するため頻繁に改正も行われるため、介護現場での苦労は絶えません。

このような状況の中で弊社は、豊富な品揃えと介護保険制度の改正に対応した商品の改定、専門知識を有したスタッフによるきめ細かいサービスを心がけ、お客さまに最新の商品を安心して使っていただけるよう努めてまいりました。
弊社は今後も高い品質の商品とサービスを安定・継続的に提供することをお約束します。

介護に関わる全ての人のサポートになれること、これがキャプスの想いです。

取り巻く現状とこれから


新規会員登録で

ポイントプレゼント!

新規会員登録はこちらから

会員ログインはこちらから

会員ログイン

商品別から探す
用途別から探す

blog

キャプスニュース

介護サービスコード表がスマートフォンのアプリとなりました。

広島の社長TV 田河内 秀子

多数のメディアで紹介していただきました!メディア掲載情報

QA

seigo